アレルギー科

【アレルギー科】

当院であつかう主なアレルギー疾患

かぶれ アトピー性皮膚炎 じんましん など

かぶれ

おもに原因となる物質と皮膚が接触し,その部分が赤くなる病気です。接触した部分のみにできることが多いですが,ときに全身に広がることもあります。かぶれには,何らかの原因物質が皮膚に接触し,体内のアレルギー反応を起こしてできるタイプと,何らかの原因物質が皮膚を刺激することによって生じるタイプがあります。かぶれを起こす原因物質は,金属,植物,食べ物,化粧品,シャンプー,消毒液,添加物,化学薬品など様々です。かぶれの原因を知る検査として,貼付試験(パッチテスト)があります.当クリニックでは,皮膚に接触する様々な物質(歯科金属,化学物質,化粧品,食物など)24種類を,パッチパネルSというシートを用いて背部に24種類の物質を貼り,2日後,3日後,場合によってはそれ以上後にも判定します。判定日が休診と重なる場合,判定日にどうしても来院できない場合,スマートフォンなどで写真を撮って頂き,それをもとに判定することになります。治療は,ステロイド外用薬が基本ですが,かゆみが強い場合,抗ヒスタミン薬の内服を併用します。

アトピー性皮膚炎

かゆみのある湿疹が,よくなったり悪くなったりを繰り返すことの多い病気です。本人や家族が気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎,アトピー性皮膚炎などにかかったことがあるとか,ダニ,ホコリなどに対し,アレルギー反応を示しやすい人がアトピー性皮膚炎になりやすいとされています(これを,アトピー素因とよびます)。アトピー性皮膚炎の患者さんは,皮膚の水分を保ち,外からの侵入を防ぐ,いわゆる「バリア機能」が低下しています。そのため皮膚は乾燥し,外からの刺激やアレルゲンに対しても,皮膚の内部が過剰反応を起こし,湿疹やかゆみが生じます。

年齢によって,皮膚の症状や湿疹の分布が異なります.乳児期では,首より上にじゅくじゅくとした湿疹が生じます.また,食物アレルギーと関係していることが多いといわれています。小児期では,肘や膝の内側などに,外からの刺激による,皮膚が厚くなった湿疹が生じ,皮膚の乾燥がはっきりとみられます。思春期以降では,皮膚は黒っぽく,さらに乾燥し,皮膚が厚くなった湿疹の範囲がより拡大する傾向にあります。

当クリニックでは,血液検査により,ダニ,ホコリ,花粉など,39種類もの物質を同時に調べることができます.また,アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患で高値を示すことの多いIgEやTARCも血液検査で調べることが可能です.アトピー性皮膚炎と診断されても,ダニ,ホコリなどの数値やIgE,TARCの値が全て正常な場合もあります。当クリニックでは,10歳以下の子供さんの血液検査は行っていませんので御了承下さい。 アトピー性皮膚炎,特に重症例では免疫力が低下しているため,とびひ,みずいぼ,いぼ,単純ヘルペス(別項参照)などの皮膚感染症をしばしば合併します。また,目のまわりを頻回にこすっていると,白内障や網膜剥離などの目の症状をきたすことがあります。

ステロイド外用薬やプロトピック軟膏(免疫抑制剤)外用により赤みや痒みを抑え,保湿剤外用により皮膚の乾燥を改善し,抗ヒスタミン薬の内服によりかゆみをおさえることが基本的な治療法です。まぶたにステロイド薬外用を長期に行うと,目の中に入ったステロイド薬などで眼圧が上がることがあります。そのような患者さんは、定期的に眼圧を測定することをおすすめします。症状がひどい患者さんには,紫外線治療,ステロイド薬やネオーラル(免疫抑制剤)の内服を併用します。上記のような治療で改善がみられない場合,生物学的製剤である,デュピクセントの注射を行うこともあります。【生物学的製剤「高額療養費制度」】

デュピクセント

デュピクセントは,医師の注射指導を受けた後,患者さん自身が注射する,「自己注射」も可能となっています。

2020年6月下旬,免疫調整薬の外用薬である,コレクチム軟膏が発売されました。中等度のステロイド外用薬に匹敵する効果があるといわれています。私は主に,顔面,頸部に使用し,顔面に使用する際は,顔面にコレクチム軟膏を試験的に外用して頂き,刺激感などがないことを確認した上,処方しています。今のところ,プロトピックでみられるような,お肌が熱くてひりひりするような感覚を訴える患者さんはほとんどいません。また,ステロイド外用薬を長期外用することにより生じ得る,小さな血管が拡張して顔が赤くなったり,皮膚が薄くなるといった副作用もありません。但し、ニキビやヘルペスなどが生じることがあります。今後,どういった患者さんのどの部位に使用するのが適切なのかなど,臨床経験を積んでいかなければならないと考えています。

日常生活で気をつけることとする,②刺激の少ない綿の肌着を着る,③不規則な生活や睡眠不足はさける,④バランスのとれた食事をとり,アルコールを摂取しすぎない,⑤そうじはこまめにする,⑥お風呂の温度はややぬるめに設定し,肌ごしごしこすらず,泡で包むようにして洗い流すようにする,などがあげられます。

補助的治療として,漢方治療,食事療法,プロバイオティクス・プレバイオティクス,温泉療法,アロマセラピー,精神・心理療法などがあります。その中で,プロバイオティクス・プレバイオティクスについて簡単に触れておきます。プロバイオティクスとは,腸内細菌叢のバランスを整えることによって,ヒトの健康によい影響をもたらす生きた菌と定義され,ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌がそのよい例です。また,プレバイオティクスとは,プロバイオティクスを増やして生体によりよい影響をもたらす食品で,オリゴ糖がそのよい例です。腸内細菌叢がヒトの免疫に深くかかわっていることが分かっており,プロバイオティクス,プレバイオティクスが,アトピー性皮膚炎の症状改善および発症予防に効果的といわれています。

(黒川晃夫 特集 アトピー性皮膚炎の克服 -よくわかる最新動向(9 紫外線療法・漢方薬・代替療法) 小児科 2015より抜粋,一部改変)

じんましん

突然,皮膚にかゆみを伴う赤いふくらみができる病気で,夕方から朝方に悪化しやすい傾向にあります.1つのふくらみは数時間で消えてはまた別の場所にできることを繰り返します.じんましんは,主にヒスタミンという物質を介して起こります。じんましんには,症状が6週間未満で治まる急性じんましんと, 6週間以上続く慢性じんましんに大別されます。原因として,細菌感染,食物,薬物,温熱や寒冷などの外からの刺激,発汗,ストレスなど様々なものがあります。慢性じんましんの多くは原因不明で,10年以上続くこともまれではありません。時に呼吸が苦しくなったり,ショック症状をきたしたりすることがあります。そのような症状が出現したら,直ちに大きな病院にかけつけましょう.検査として,アレルゲンが疑われる物質を検査用の針で少量皮膚の中に入れ,15分から20分後に判定するプリックテストがありますが,当クリニックでは行っていません。治療は,ヒスタミンをおさえる抗ヒスタミン薬の内服が主体です。症状がひどいじんましんやなかなか治らない場合には,ステロイド薬の内服併用または,ゾレアという注射を用いることがあります。