一般皮膚科

【一般皮膚科】

一般皮膚科について

 皮膚科で診察する病気には実に多くの種類があります。代表的な病気として,かぶれ,アトピー性皮膚炎,虫刺され,ニキビ,とびひ,水虫などで,爪の異常や脱毛症も皮膚科で診察します。違う病気でも治療方針はさほど変わらないものもあれば,似たような症状でも治療法が全く異なることもあります。慢性の皮膚の病気は治りが悪いことが多く,気長に根気よく治療していくことが大切です。

当クリニックでは,患者さんの皮膚の状態をできるだけ早く的確にとらえ,それぞれの患者さんに最も望ましいと考えられる治療を進めていきたいと思います。ただし,重症の場合や皮膚科の領域でない病気の場合などは,他院へ御紹介することがあります。

主な皮膚疾患

湿疹 やけど(熱傷) とこずれ 乾癬(かんせん) 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) ニキビ 円形脱毛症 単純ヘルペス 帯状疱疹 水虫 虫さされ 疥癬(かいせん) など

湿疹

外からの刺激と体質など内面的な要素が影響しあうことによってできる皮膚の病気で,多くはかゆみを伴います。外からの刺激には,物理的刺激(日光,温熱,寒冷,乾燥など),化学的刺激(化粧品,洗剤,薬物など),アレルゲン(金属,花粉,ハウスダスト,植物、昆虫など)があります。内面的な要素には,皮膚の乾燥,皮脂分泌・発汗異常などの皮膚の異常や,アレルギー体質,内臓疾患などの全身的な異常があげられます。

湿疹の種類には,アトピー性皮膚炎かぶれ,皮膚の乾燥やかぶれなどにより生じる,円形でじゅくじゅくとした貨幣状湿疹,かぶれや貨幣状湿疹などを掻くことによって,全身に小さなブツブツができる自家感作性皮膚炎,手に慢性的な刺激が加わって生じる手湿疹(いわゆる“手あれ” ),金属アレルギーや精神的ストレスなどが原因となり,手のひらや足の裏に小さな水ぶくれをきたす汗疱性湿疹(異汗性湿疹ともいいます),加齢などが原因で皮膚が乾燥し,そのために生じる皮脂欠乏性湿疹,マラセチア(カビの一種)やストレスなどが原因で,顔面や頭皮などの皮脂の多く出る部分に生じる脂漏性湿疹などがあります。

治療はステロイド薬の外用が主体で,皮膚の乾燥がみられる場合,保湿剤の外用を併用します。かゆみが強い場合には抗ヒスタミン薬というかゆみを止める薬を内服します。皮膚症状がひどい場合,ステロイド薬を少量内服することがあります.脂漏性湿疹では,ビタミンB2,B6 の内服や,カビの治療薬であるニゾラールクリーム,ニゾラールローションを用いることがあります。

やけど(熱傷)

熱湯やカイロなどの熱によってできる皮膚組織の損傷です.皮膚組織は,表面から表皮,真皮,さらに皮下組織と続きます.やけどは,深さによって見た目や症状などが異なります。Ⅰ度熱傷は,深さが表皮にとどまるものをさし,日焼けがそのよい例です。Ⅱ度熱傷は,深さが真皮にまで達し.さらに,真皮の浅いところにとどまるⅡ度浅層熱傷と,真皮の深いところまで達するⅡ度深層熱傷に分けられます。Ⅱ度浅層熱傷では強い痛みを伴う赤みがみられ,目だった瘢痕(はんこん)を残さないのに対し,Ⅱ度深層熱傷では知覚が低下し,瘢痕を残すなどの違いがあります。Ⅲ度熱傷は,皮下組織にまで達し,白色ないし黒色で知覚は完全に消失しています。カイロやあんかなどによる低温熱傷は,長時間皮膚に接していることが原因で,深くにまで達していることが多く,たいていは瘢痕を残してしまいます。

やけどの分類

治療は,すぐに冷水などで冷やすことが大切です。少なくとも30分から1時間は冷やしましょう。Ⅰ度熱傷では,ふつう外用は必要ありませんが,アズノール軟膏など炎症をおさえる保湿剤を2-3日ぬることもあります.Ⅱ度浅層熱傷では,アズノール軟膏やステロイド薬外用,ドレッシング材(創傷被覆材ともいいます)などを用います。Ⅱ度深層熱傷では,感染している場合,ゲーベンクリームなどの外用薬,感染しなければアズノール軟膏やステロイド外用薬などを用い,感染や炎症が治まった時点で,ドレッシング材や皮膚の損傷を改善する外用薬に切りかえます。Ⅲ度熱傷では,ゲーベンクリームなどで感染をおさえ,その後,死滅した組織を除去していきます。広範囲におよぶⅡ度深層熱傷,比較的広いⅢ度熱傷および気道がおかされた場合などは,大きな施設での治療が必要となります。

とこずれ

骨が突出している部分などに外からの力が加わると,その部分の皮膚や皮下組織の血流低下をきたします。この状況が一定時間続くと,皮膚や皮下がダメージを受けます.このようにしてできた皮膚の損傷を,とこずれ(褥瘡;じょくそう)といいます。

とこずれの発生要因には,直接的要因と二次的要因に分けられます。直接的要因は,外からの力が持続的に加わることによる,皮膚や皮下組織の循環障害です。二次的要因はさらに,局所的要因,全身的要因,社会的要因があります。これらの要素が複雑にかかわり合ってとこずれが形成されます。

とこずれが生ずる原因

とこずれには,いくつかの分類があります。中でも,急性期と慢性期,浅いとこずれと深いとこずれを見分けることはとても重要です。とこずれ発生後1-3週間程度のいわゆる「急性期褥瘡」では,炎症が強く,水疱,皮膚損傷,むくみなどの病態が目まぐるしく変化します。とこずれの深さが分からないことも少なくありません。「慢性期」に入ると,とこずれの状態は安定するため,深さをある程度把握することができます。慢性期では,真皮にとどまるものを「浅いとこずれ」,皮下組織,あるいはそれ以上の深さに達するものを「深いとこずれ」といいます。浅いとこずれは比較的早く治り,深いとこずれは長期の治癒期間を要します。

とこずれの所見

治療は,外用薬,ドレッシング材,スプレーなど多くの種類があります。急性期,慢性期,炎症の度合い,深さの程度,患者さんの状態などを考慮し,治療法を選択していきます。感染が強いとこずれには,抗生物質を投与することがあります。深くえぐれていてポケットがある場合,まずは外用薬で治療を行い,改善しなければ外科的治療などを試みます。

 (黒川晃夫,河口美幸 「大阪医科大学附属病院における褥瘡対策チームの取り組み」 日本義肢装具学会誌 2017より抜粋,一部改変)

乾癬

表皮の細胞が異常な速さで増え,しかも炎症を伴う病気です.表面ざらざらし,分厚い赤みが頭,肘,膝,おしりなど,刺激を受けやすい部分に認められます。

乾癬の所見

約半数で,病変部にかゆみがみられます。爪の変形や関節の痛みを伴う場合もあります。原因として,遺伝的要因,ストレス,風邪,生活習慣(飲酒,喫煙など)といった外的因子に加え,肥満,糖尿病,高脂血症などの内的因子も乾癬を悪化させる要因とされています。

治療は,軽症ではステロイド薬外用,オキサロール軟膏などのビタミンD3軟膏外用が主体で,両者を混合した,マーデュオックス軟膏やドボベット軟膏もよく用いられます。中等度から重症例では,分厚い表皮を改善させるビタミンA誘導体(チガソン)内服,免疫をおさえるシクロスポリンやオテズラなどを内服し,紫外線療法を行うこともあります。上記の治療法で効果がえられない場合や爪病変,関節の痛みを伴う場合,強力に免疫をおさえる「生物学的製剤」という注射薬を用いることがあります。投与することによって,皮膚症状のみならず,関節症状,爪病変の改善をも期待できます。ただし,がんや結核,肝炎のある患者さんなどは投与することができません。投与前に,生物学的製剤の投与が可能か必ず大きな施設で検査する必要があります。生物学的製剤は高額であるため,1カ月の医療費の自己負担額が高額になった場合,年齢,世帯,所得状況に応じた自己負担限度額を超えた額が「高額療養費」として払い戻される,「高額療養費制度」があります。加入している保険者が窓口となりますので,詳しくは担当の保険者にお問い合わせ下さい。一部の生物学的製剤は,医師の注射指導を受けた後,患者さん自身が注射する,「自己注射」も可能となっています。

掌蹠膿疱症

風邪や扁桃腺のはれ,歯周病などをきっかけに,手のひらや足の裏に,うみや小さな水ぶくれ,赤みなどが繰り返し出現する病気です。掌蹠膿疱症患者さんには喫煙者が多いといわれています・また,歯科金属などの金属アレルギーが関与していることもありますので,金属パッチテストを行うことがあります。時に,胸などの関節が痛くなることもあります。根本的な原因は分かっていませんが,何らかの免疫や炎症などが関与していると考えられています。

治療は,保険適応となる薬剤が若干異なるものの,乾癬と似たような治療を行います。すなわち,ステロイド外用薬,ビタミンD3軟膏外用薬,ビタミンA誘導体(チガソン)内服などを行い,紫外線療法を併用することもあります。原因物質を取り除くことにより,症状が改善することがあります。扁桃腺の炎症や歯周病があれば,その治療を,喫煙者であれば,禁煙指導を行い,歯科金属による金属アレルギーがあれば,陽性の金属が含まれる歯科金属を除去します。

ニキビ

毛穴のつまり,主として男性ホルモンの作用による皮脂分泌の増加およびアクネ菌が増えることによって生じる毛穴の病気です。通常,毛穴がつまっただけの炎症のないニキビから始まります。アクネ菌が増えると,炎症を伴う赤ニキビになり,うみがたまることもあります。炎症が強いと,毛穴の奥にうみがたまった袋や硬い皮膚になることがあります。炎症がおさまる過程で,赤みや色素沈着をきたすことがあります。

治療は,炎症があれば,抗生物質の外用や内服を行います。スキンケアとして,ローションタイプもしくは乳液タイプの保湿剤(例えば,ビーソフテンローションやヒルドイドローション)の併用を行います。ビタミンB2,B6,Cなどのビタミン剤の内服薬を併用することもあります。保湿剤などで皮膚の状態が整った時点で,毛穴のつまりをおさえるアダパレン(ディフェリンゲル)や,毛穴のつまりを改善し,アクネ菌を殺菌する過酸化ベンゾイル(ベピオゲル,デュアック配合ゲル),過酸化ベンゾイルとアダパレンの配合剤であるエピデュオゲルなどを外用します。これらは,使い始めに赤み,ヒリヒリ感,皮むけなどを引きおこすことがあります。よって初めから顔全体にぬるのではなく,小さな範囲から徐々に範囲を広げて外用するか,ローテーション法といって,小さな範囲を1日ごとにローテーションしながら外用し,4-5日間で顔全体が外用できるようにします。刺激症状がなくなれば,一度に顔全体にぬっても構いません。なお,ニキビをさわったりつぶしたりすると症状が悪化し,瘢痕をきたすことがあります。洗顔料を泡立て,こすらないよう丁寧に洗顔します。また,規則正しい生活や,バランスのとれた食事をこころがけましょう。漢方薬を併用することも多いですが,症状や男女を考慮した薬剤を選びます。ケミカルピーリングなどの自費治療は,患者さんのニーズに合わせて行います。

円形脱毛症

髪の毛が何らかの原因で抜け落ちて,円形または楕円形の毛のない領域ができる病気です。ひどい場合,髪の毛全体が抜け落ちたり,まつ毛やまゆ毛が抜けたりすることもあります。免疫学的要因,精神的要因,アレルギー的要因,遺伝的要因など,原因は様々です。比較的広範囲にわたる円形脱毛症では,免疫学的要因が関係していることが多く,必ず甲状腺や膠原病(こうげんびょう)といった,免疫が関与する病気にかかっていないか検査する必要があります。

発症に関係していると思われる要因を可能な限り除去することが,円形脱毛症の改善につながります.そのためには,患者さんの話に耳を傾けることが大切です。西洋学的治療として,セファランチン,ユベラ,グリチロンなどの内服薬,フロジン液,トプシムローションまたはクリーム(ステロイド薬)などの外用薬が一般的で,難治の場合,ステロイド薬を少量内服することもあります。2020年4月から,紫外線療法が保険適応となりました。この病気は,漢方薬を併用することで,治療効果がアップすることがあります。柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう),桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう),半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう),補中益気湯など,精神を安定させ,気力をアップする処方がよく用いられます。

(黒川晃夫 チャート式皮膚疾患の漢方治療(⑬心因性皮膚疾患) 東洋学術出版社 2019より抜粋,一部改変)

自費治療では,局所免疫療法などがあります。

単純ヘルペス

単純ヘルペスウイルスによる感染症で,一度症状があらわれると,再発することの多い病気です。単純ヘルペスには口唇ヘルペス,陰部ヘルペス,カポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)などいくつかの種類があります。口唇ヘルペスでは,風邪や過労,ストレス,紫外線などにより抵抗力が低下した際,チクチクとした痛みを伴う小さな水ぶくれが生じます。多くはキスなどの接触により発症しますが,タオルやコップなどを介して感染することもあります。陰部ヘルペスは,免疫力が低下した際,陰部に激しい痛みを伴う小さな水ぶくれが生じます。多くは性交などの接触により発症しますが,タオルや便器などを介して感染することもあります。カポジ水痘様発疹症は,重症アトピー性皮膚炎患者さんの顔面,首などに,広範囲にわたり小さな水ぶくれが多発し,しばしば発熱やリンパ節のはれを伴います。

治療は,抗ウイルス薬の内服が基本ですが,抗ウイルス薬の外用などを行うこともあります。カポジ水痘様発疹症は,重症の場合,大きな施設で抗ウイルス薬の点滴を行います。

帯状疱疹

水ぼうそう(【小児皮膚科】の項参照)にかかると,水ぼうそうが治ったあとでもそのウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)は,神経が集まっているところに潜伏しています。加齢,過労,ストレスなどにより免疫力が低下すると,ウイルスが活動を再開します。すると,神経に沿って,左右のどちらかにチクチクとした痛みを伴う水ぶくれやじゅくじゅくした赤み,むくみ,すなわち帯状疱疹が生じます。帯状疱疹は,比較的高齢の方に多く発生しますが,時に,水ぼうそうにかかった小児にも出現します。一度帯状疱疹にかかると,2回以上かかることはまれですが,免疫力が極端に低下した人などは,2回以上かかることもあります。ほとんどは,見た目などで診断がつきます。2017年よりデルマクイックVZVというキットが保険適応となり,5-10分程度で水ぼうそうや帯状疱疹の診断が可能となりました。

治療は,抗ウイルス薬の内服やアズノール軟膏外用が主体となります。重症の場合,大きな施設で抗ウイルス薬の点滴を行います。痛みに対しては,痛みを止める内服薬を併用します.症状が激しい場合や高齢者などでは,長期間,痛みが続くことがあります。強い痛みがあれば,ペインクリニックなどで痛み治療を受けましょう。むくみが強い場合,短期間,ステロイド内服薬や漢方薬を併用することがあります。

帯状疱疹の治療

顔面,耳周囲,首にできた帯状疱疹では,角膜炎,結膜炎,耳なり,耳が聞こえにくい,眉毛が上がらない,まぶたが閉じられないなどの症状が出現することがあります。その場合,眼科や耳鼻科への受診が必要です。陰部にできた場合,尿や便が出にくくなることがあります。尿がほとんど出なくなった場合,大きな病院で診察を受ける必要があります。

水虫

白癬(はくせん)菌というカビが,皮膚の角質や爪などに感染した病気です。感染経路として,ヒトからの直接感染や湿ったマットなどを介しての感染,ペットからの感染などがあります。白癬は,足裏や指のまた,足爪に生じることが多いですが,大人に比べ小児では,頭皮や体に認められる割合が高いとされています。21世紀に入り,柔道部員やレスリング部員に水虫の集団発生がみられるようになり,家族などへの感染が拡大しています。見た目の症状は様々です。足裏に発生した水虫では,白い粉をふいたような分厚い皮膚や水ぶくれを伴う赤みをきたし,指のまたにできた水虫は,乾燥またはじゅくじゅくした皮めくれがみられます.爪水虫は,爪の表面が白または黄色ににごり,爪は分厚く,変形していることもあります。水虫のよそおいをしても,実は水虫でないこともよくあります。したがって,水虫の診断は,病変部位を削って,白癬菌がいるかどうか顕微鏡でチェックすることが不可欠です。

治療は,抗真菌薬の外用が主体です。患者さんが抗真菌薬を外用し,かぶれをきたしている場合も多くみられます。このようなケースでは,たとえ水虫が検出されたとしても,かぶれの治療,すなわちステロイド薬を主とする外用を優先すべきです。じゅくじゅくした水虫に対し,クリーム状あるいはローションタイプの抗真菌薬を外用すると,かぶれる危険性が高いので,必ずべたべたした軟膏を用い,場合によってはアズノールなどの保湿剤を併用します。足裏に生じた分厚い皮膚の症状をきたした水虫に対しては,角質をやわらかくする軟膏を併用します。爪水虫に対する外用薬も改良が加えられ,比較的爪の厚みが少ない水虫では,外用薬のみで完治することもあります。ただし,爪をやわらかくする外用薬を併用したとしても,完治する割合は20%程度と低いとされています。最近,1日1回,12週間服用するだけで,爪水虫の半分以上が完治する,ネイリンという内服薬が発売されました。内服後,低頻度ながら肝臓や腎臓に障害をきたすことがあります。よって,内服開始前,内服開始4週後(不可なら6週後)には必ず血液検査をします。

白癬

虫さされ

虫がさしたり咬んだり,あるいは虫に触れたりすることによって生じる病気です。多くは赤いブツブツやなだらかなふくらみがみられ,しばしばかゆみや痛みを伴います。  スズメバチやアシナガバチは,さされた瞬間,激しい痛みがはしり,その後赤くふくらんできます。何度もさされると,さされた場所以外にもじんましんができたり吐き気がしたりすることがあります。特にスズメバチでは,ショック症状を来すこともあります。林業など,ハチに何度もさされるような職業にたずさわっている人は,エピペンを絶えず携帯しておきましょう。エピペンは,ハチさされなどでショックになりかけた時,症状の進行を食い止める注射薬です。赤くふくらんだ部分に対する治療として,強めのステロイド薬外用および抗ヒスタミン薬内服を行います。症状が著しい場合,短期間,ステロイド薬内服を併用します。

カ,ブヨ(ブユとも),イエダニ,マダニ,ネコノミはいずれもヒトの血を吸う虫です。いずれも春から秋にかけて出現し,赤くてかゆいブツブツがみられます。ブヨにさされると赤くはれ,ほっておくとかゆいしこりが残ることがあります。野山に行くと,皮膚にマダニが吸着していることがあります。吸着後,数日から数週間の後,さし口を中心にリング状の赤みが出現することがあります。マダニが皮膚に吸いついていたら,無理に引っ張らず,そのままクリニックに来て下さい。無理に引っ張ると,食べ物を食べる時に使う,口器という器官が皮膚に残ってしまうからです。ネコノミは,10~30cm程度の高さまでぴょんぴょん飛びます。主に膝から下に,強いかゆみを伴うブツブツがみられたら,ネコノミの可能性があります。※参考【小児皮膚科;アタマジラミ】。治療は,いずれもステロイド薬外用および抗ヒスタミン薬内服が主体ですが,マダニにさされた場合,抗生物質の内服を1-2週間併用する必要があります。

毛虫皮膚炎は,ドクガ類の幼虫がもつ毒針,イラガ類の幼虫にある毒のあるとげなどが触れて生じる病気です。中でもチャドクガの幼虫は5~6月と8~9月に発生し,サザンカやツバキの葉をくいあらします。その頃,毛虫皮膚炎が多く出現します。毒針は風に吹き流されるため,屋外にいるだけでも毛虫皮膚炎になることがあります。毒針が付着した下着や布団を介して症状が出現することもあります。毒針に触れたら決してこすらず,テープではがすかシャワーで流して下さい。治療は,強めのステロイド薬外用および抗ヒスタミン薬内服を行います。症状が著しい場合,短期間,少量のステロイド薬内服を併用します。

疥癬(かいせん)

ヒゼンダニというダニの仲間がヒトの皮膚表面に寄生することによって生じる,かゆみの強い病気です。ヒゼンダニは,メスが約0.4㎜で,オスはメスの約3分の2の大きさです。老人施設や病院などで院内感染することが多く,湿疹その他の皮膚病と誤診されることがあります。そのため,経験のある皮膚科医による診断が必要となります。ヒゼンダニは人肌から離れると,長くは生きることができず,50度以上の環境に10分以上さらされると死ぬといわれています。

疥癬には,通常疥癬と角化型疥癬(ノルウェー疥癬)の2種類があります。そのほとんどは通常疥癬です.通常疥癬は,首より下にかゆみの強いぶつぶつや指の間などにあかぎれのような症状がみられるのが特徴です。特に指の間には,メスの成虫や多数の卵が検出される,疥癬トンネルが高頻度にみられます。一方,角化型疥癬は,ほぼ全身に,まるで長時間入浴していないかのような分厚いあかが皮膚にこびりついた症状を示します。角化型疥癬では通常疥癬の1万倍以上のヒゼンダニが寄生しています。通常疥癬の潜伏期間はおよそ1カ月ですが,角化型疥癬はそれより短いことが多く,注意を要します。通常疥癬の患者さんをケアする際,予防着の着用や隔離は不必要ですが,手袋はしておきましょう。一方,角化型疥癬では,1-2週間の隔離が必要で,入室時,手袋や予防着の着用は不可欠です。また,通常疥癬では,シーツ・寝具・衣服,洗濯などに対する特別な対応は必要ありません。一方,角化型疥癬では,シーツや寝具・衣服は毎日交換します。また,洗濯物は他の人とは別に扱い,50度以上のお湯に10分以上ひたした後に洗濯します。

指の間やブツブツを10カ所以上削って顕微鏡でみて診断します。削る箇所が少ないと疥癬の検出率が低くなり,誤診を招きかねません。治療は,寄生虫を殺す作用のある,ストロメクトールの内服が最も有効です。1回の内服でよい場合もありますが,症状がひどい場合など,何回か服用しなければ治ゆしないことも少なくありません。スミスリンローションやオイラックスクリームの外用,抗ヒスタミン薬内服を併用することもあります。スミスリンローションは,1週間間隔で,首から下全体を外用し,12時間以上経過後,シャワーなどで薬を洗い流すことを2回以上行います。オイラックスクリームも,首から下に外用しますが,角化型疥癬の場合,全身に外用します。

疥癬 疥癬